So-net無料ブログ作成
最高の人生の終り方 あらすじ 1話 ブログトップ

最高の人生の終り方 あらすじ 1話 [最高の人生の終り方 あらすじ 1話]

あらすじ 1月12日放送分(第1話)

真人(山下智久)は葬儀店の次男だが、
家業を嫌って家を出て飲食店チェーンのエリアマネジャーをしている。

母は中学生の時に他界し、家族は父・浩太郎(蟹江敬三)、
妹・晴香(前田敦子)、弟・隼人(知念侑李)、妹・桃子(大野いと)、
異母兄・健人(反町隆史)の6人だ。

ある日、真人が叱りつけた店長・長田(設楽統)がビルから飛び降りて重体に陥り、
直後、晴香から浩太郎が倒れたとの連絡が入る。

葬儀店を継いだはずの健人は家出していた。
病院に駆け付けた真人に、浩太郎は葬儀店を閉めろと告げて息を引き取る。


【原作本ですよ】

【送料無料】最高の人...

【送料無料】最高の人...
価格:600円(税込、送料別)




【概要】

山下智久が約6年ぶりのTBS連続ドラマ出演で挑むヒューマンドラマ。

舞台は警察御用達の「葬儀屋」。
家業を継ぐことになった山下扮する井原真人が、
毎回遺体と一緒に運び込まれるシビアな“現実”に立ち向かう。

就職難、詐欺、自殺、介護殺人、いじめ、安楽死…など、
様々な理由で亡くなったモノ言わぬ遺体と接するうちに、
自身の生き方や家族と向き合い、バラバラだった家族もひとつになっていく。

また真人は事故死で片付けられた死にも疑問を持ち、
探偵さながらに深入りすることも。

“訳アリ遺体”ゆえのミステリー展開に加え、
故人や遺族の想いとそこに温もりを添える真人の姿を通して、
“生きる”ことを力強く描く。


【ストーリー】

下町の葬儀屋「井原屋」の次男・井原真人(山下智久)は、
中学3年生の時に母親を亡くし、父と4人の兄弟妹との6人家族。

葬儀屋を嫌っていた真人は、
家業は腹違いの兄・健人(反町隆史)が継ぐものと決めこみ、
社会人になってからは一度も実家に帰らずにいた。

大手居酒屋チェーンのエリアマネージャーとして働く真人はある日、
売り上げノルマの件で担当エリアの店長を厳しく叱責。
ところが翌日、店長がビルから飛び降りてしまう。

そんな矢先、実家で葬儀屋を手伝う晴香(前田敦子)から、
父が意識不明で入院したと連絡が入り…。


http://www.tbs.co.jp/saikou-no-jinsei/

最高の人生の終り方 あらすじ 1話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。