So-net無料ブログ作成
早海さんと呼ばれる日 視聴率 第6話 ブログトップ

早海さんと呼ばれる日 視聴率 第6話 [早海さんと呼ばれる日 視聴率 第6話]

早海さんと呼ばれる日 観てますか^^
視聴率は完全に「運命の人」を捕らえましたね^^

視聴率の推移と2月19日放送分・6話のあらすじは・・・。
後半で紹介してます!


『主題歌: FUNKY MONKEY BABYS/この世界に生まれたわけ(初回生産限定盤/CD+DVD)』




★【視聴率の推移】★

  第1話: 9.8%
  第2話:10.1%
  第3話:10.0%
  第4話:10.0%
  第5話:10.7%



【あらすじ】 2月19日放送分(第6話)

優梨子(松下奈緒)は、研二(要潤)と亜季(山口紗弥加)が
高校の同級生だと知り驚く。

その夜、恵太郎(船越英一郎)は研二率いる野球部が
夏の甲子園で準決勝まで進んだため、
研二は未だに地元のヒーローなのだと自慢げに話す。

しかし、当の本人は自分の過去の栄光に興味がない様子で、
今の自由な生き方の方が充実していると言う。

そんな折、優梨子は恵太郎の話を聞き、
研二が亜季の息子・陽(須田琉雅)の父親ではないかと思う。


http://www.fujitv.co.jp/hayamisan/index.html
早海さんと呼ばれる日 視聴率 第6話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。