So-net無料ブログ作成
タイトロープの女 あらすじ 第5話 ブログトップ

タイトロープの女 あらすじ 第5話 [タイトロープの女 あらすじ 第5話]

タイトロープの女 観てますか?
2月21日放送分・第5話のあらすじは・・・。



『主題歌:井手綾香/きっと、ずっと』

[CD] 井手綾香/きっと、ずっと

[CD] 井手綾香/きっと、ずっと
価格:1,200円(税込、送料別)





【あらすじ】 2月21日放送分(第5話)

恭子(高岡早紀)が無断欠勤をし始めたため、
由梨(池脇千鶴)は監査役の解任を主張する。

そんな中、榊(石田卓也)らが世界最小のカラーワイヤーを完成させる。
由梨が百貨店に持ち込むと工業用ワイヤーの3倍の値で買い取ると言われ、
社員らは喜ぶ。

一方、恭子は礼子(押谷かおり)が龍司(田村亮)に宛てた手紙を見つける。
そこには衝撃的な内容が書かれていた。
恭子は永沢(小澤征悦)を問いただすが、永沢もその事実を知らなかった。
タイトロープの女 あらすじ 第5話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。