So-net無料ブログ作成
たぶらかし ブログトップ

たぶらかし ~代行女優業・マキ~ 第1話 [たぶらかし]

たぶらかし いよいよスタートしますね。
谷村美月さんがどんな演技を見せてくれるか楽しみです。

4月5日放送分・第1話のあらすじを紹介してますので
是非、チェックしてから初回放送をご覧下さい!



『原作:たぶらかし/ 安田依央』

【送料無料】たぶらかし

【送料無料】たぶらかし
価格:540円(税込、送料別)






【あらすじ】 4月5日放送分(第1話)

アルバイトをしながら女優を目指す23歳のマキ(谷村美月)は、
「女優求む」と書かれた高額の求人広告を見つけ、その会社を訪ねる。

だが、社長の松平(段田安則)から与えられた仕事は、
自殺した画家・ゆりえ(内田慈)の代役で死体を演じることだった。

その葬式に男(山本耕史)が乱入し、継母の桜子(宮崎美子)が
ゆりえを殺したと叫ぶ。

その後、マキはゆりえの夫・博人(忍成修吾)に、
犯人が桜子である証拠をつかんでほしいと言われる。




http://www.ytv.co.jp/taburakashi/

たぶらかし ドラマ ストーリー [たぶらかし]

たぶらかし 4月5日(木)23:58~ いよいよスタートしますね。
今回はストーリーを紹介してますのでご覧下さい!



『この声 [DVD付初回限定盤] / 高橋優』
(収録曲「セピア」は「たぶらかし」主題歌)






【ストーリー】

所属していた劇団が潰れてしまい、
連帯保証人として多額の借金を背負ってしまった女優の冬堂マキ(谷村美月)は、
ある日、「女優求む。随時オーディションあり。
時給3万円から演技力に応じて。住み込み可。ORコーポレーション」という
オーディション記事を見つけ事務所を訪ねる。

しかし、そこは普通の俳優事務所ではなく、
日常のリアルな世界で依頼に応じて役を演じる“代役業”を営む怪しげな会社だった。

そこで早速、社長の松平トキタダ(段田安則)に仕事を命じられたマキは、
とまどいながらも依頼人の元へ向かい、与えられた役を精一杯演じ始める。



【概要】

第23回小説すばる新人賞を受賞した安田依央の「たぶらかし」をドラマ化。

脚本なし、演出なし、観客なしの状況で依頼された役を演じる
“代役女優”冬堂マキが、さまざまな役を体当たりで演じる中で、
人間という得体のしれない存在が持っている優しさや愛しさ・残酷さ、
滑稽さを見つけ出していく。

民放連続ドラマ初主演で、代行女優という特殊な役を演じる谷村美月は、
「実際にあったら面白いですね。
本当にありそうだと見せられたらいいなと思います」とコメント。

大人っぽい役や色っぽい役など、谷村が見せる新たな一面に期待だ。



http://www.ytv.co.jp/taburakashi/

たぶらかし ドラマ 概要 [たぶらかし]

たぶらかし 谷村美月さんが主演でスタートしますね。
イメージとかけ離れた色っぽい役どころもある様で楽しみですよね^^

放送開始日は4月5日(木)23:58~ 放送開始
ドラマの概要を後半で紹介してますのでご覧下さい!



『原作:たぶらかし (単行本・ムック) / 安田依央』





【概要】

第23回小説すばる新人賞を受賞した安田依央の「たぶらかし」をドラマ化。

脚本なし、演出なし、観客なしの状況で依頼された役を演じる
“代役女優”冬堂マキが、さまざまな役を体当たりで演じる中で、
人間という得体のしれない存在が持っている優しさや愛しさ・残酷さ、
滑稽さを見つけ出していく。

民放連続ドラマ初主演で、代行女優という特殊な役を演じる谷村美月は、
「実際にあったら面白いですね。
本当にありそうだと見せられたらいいなと思います」とコメント。

大人っぽい役や色っぽい役など、谷村が見せる新たな一面に期待だ。



http://www.ytv.co.jp/taburakashi/
たぶらかし ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。