So-net無料ブログ作成
たぶらかし 感想 第6話 ブログトップ

たぶらかし 感想 第6話 [たぶらかし 感想 第6話]

たぶらかし 見てますか?
視聴率は第5話が3.6%ともう1歩ですね^^;
せめて5%を超える数字が欲しいところ。

次回、5月10日放送分・第6話のあらすじと視聴率の推移を
後半で紹介してますのでチェックして下さい!



『原作:たぶらかし/安田依央』





☆【視聴率の推移】☆

  第1話:5.0%
  第2話:3.3%
  第3話:2.2%
  第4話:3.5%
  第5話:3.6%



【あらすじ】

5月10日放送分(第6話)

マキ(谷村美月)はピアニストの美響(松山愛里)から、
美響の代役で15年前に別離した父親・神崎(浅野和之)と会い、
縁切りをしてほしいと言われる。

ピアノコンクールを控える美響は、心を乱されたくないのだという。

神崎は去年の暮れに視力を失い、伸子(緒川たまき)が身の回りの世話をしていた。
神崎に「もう会えない」と言えなかったマキは、
役に成り切るためピアノの練習を始めるが、そんなマキに美響はいら立つ。


http://www.ytv.co.jp/taburakashi/
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
たぶらかし 感想 第6話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。