So-net無料ブログ作成
ビブリア古書堂の事件手帖 ロケ地 6話 ブログトップ

ビブリア古書堂の事件手帖 ロケ地 6話 [ビブリア古書堂の事件手帖 ロケ地 6話]

ビブリア古書堂の事件手帖 第5話の放送は観ましたか^^
視聴率は、第5話が11.5%と数字は横ばいでしたね^^;

次回、2月18日放送分・第6話のあらすじと視聴率の推移を
後半で紹介してますので、是非ご覧下さい。


『「ビブリア古書堂の事件手帖」オリジナル・サウンドトラック 』





  ☆【視聴率の推移】☆

    第1話:14.3%
    第2話:12.2%
    第3話:12.0%
    第4話:11.6%
    第5話:11.5%




【あらすじ】

2月18日放送分(第6話)

栞子(剛力彩芽)が階段から落ちてけがをした。

病院に駆け付けた大輔(AKIRA)に、栞子はある男に突き落とされたと打ち明ける。

栞子によると半年ほど前から太宰治の「晩年」を譲ってほしいというメールが
しつこく送られ、内容が次第に脅迫めいてきたので用心していたという。

その「晩年」は祖父の時代から代々店と一緒に受け継がれてきた
個人的なコレクションで、初版のうえ署名まで入っている、価値の高い品だ。


『 ビブリア古書堂の事件手帖 ブックカバー 』





http://www.fujitv.co.jp/biblia/index.html
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
ビブリア古書堂の事件手帖 ロケ地 6話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。